« PARCO-RICOMOTION Presents『ダブリンの鐘つきカビ人間』 | トップページ | 新国立劇場『屋上庭園/動員挿話』 »

2005/11/03

世田谷パブリックシアタープロデュース『偶然の音楽』

アメリカの現代作家、ポール・オースターの作品をワークショップにより舞台化。白井晃演出らしい、スタイリッシュさは健在。この春の『ルル』と比べてもシンプルさは増し、好感。ストーリーも不思議な苦さと魅力がある。仲村トオルの低く深い声がよい。

観劇日 11月3日(木) 14:00開演
上演時間 約2時間15分(休憩なし)
世田谷パブリックシアター

上演期間:2005年10月31日(月)〜11月20日(日)
原作:ポール・オースター
翻訳:柴田元幸
構成・台本・演出:白井晃
出演:仲村トオル/小栗旬/三上市朗/大森博史/小宮孝泰/山田麻衣子/櫻井章喜/月影瞳

世田谷パブリックシアタープロデュース『偶然の音楽』

|

« PARCO-RICOMOTION Presents『ダブリンの鐘つきカビ人間』 | トップページ | 新国立劇場『屋上庭園/動員挿話』 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15869/7252504

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷パブリックシアタープロデュース『偶然の音楽』:

« PARCO-RICOMOTION Presents『ダブリンの鐘つきカビ人間』 | トップページ | 新国立劇場『屋上庭園/動員挿話』 »