« 学生向け演劇紹介ブログ | トップページ | 『LAST SHOW ラストショウ』(パルコプロデュース) »

2005/07/10

『上演されなかった「三人姉妹」』(燐光群)

チェーホフの『三人姉妹』が上演されている劇場が、独立派武装グループに占拠された。2002年にモスクワで起こった、チェチェン・ゲリラによるモスクワ劇場の占拠事件が下敷きになっているが、あの時上演されていたのは確かミュージカルだったはず。それを『三人姉妹』に置き換えている。これから観に行く人は『三人姉妹』に一度目を通していったほうがよいだろう。

観劇日 7月9日(土) 14:00開演
上演時間 約2時間15分程度

はやめに客席に入るとやけに入りが悪い。と思ったのは勘違いで、通路より前の客席は、演技スペースとして使われるので観客を入れていなかったのだ。客電がついたまま、人質になっていた人物が回想を語りながら次々と通路から客席に入ってくる。実は彼らは20年前は出演女優とともにチェーホフを演じていた元俳優という設定。ドイツの前衛演出家が演出した女優三人だけの『三人姉妹』が上演され始めるが、すぐに武装ゲリラが突入してくる。ゲリラはこの客席のどまんなかに運んできた爆薬らしきでかい金属管を置く。舞台前にはドラム缶も。

ゲリラたちは、客席に向かって銃をつきつけ、半分より後ろの席に座り、携帯を使って外に状況を伝えろという。私たち本当の観客も、劇場の座席で人質にとられた劇中の観客のひとりとなる。がらんとした舞台も客席も(あるときは奈落という設定にもなる)がいかにも殺風景で人質事件の劇場らしく感じる。紀伊国屋ホールの椅子の古さもそういう意味では効果的?だ。

なぜか強引にも『三人姉妹』の上演は続けられて、事件の状況とリンクしていく。というより、三人姉妹のせりふやプロットを借りて、事件の終わりまでの人間模様が語られていくという感じか。

このあたりやはり『三人姉妹』を予習しておけばよかった、と思わされた。実際の上演を観たのがずいぶん前で、おぼろげにしか筋を覚えていなかったのは残念。もう少しディテールがわかっていれば大いに楽しめるところもあったのだろう。さすがに最終部のせりふは有名なので、それがロシアとチェチェンの(そういった「固有名」はすべて廃されていたが)そして戦争とテロリズムという現実のコンテクストに組み込まれて読みかえられていたのにはうならされた。

これは『三人姉妹』の大胆な脚色劇として、ロシアのチェチェン政策を批判しながらも、さらに普遍的なことを語っているように思えた。紀伊国屋ホールという東京新宿の繁華街にある劇場で、劇を見ている私たちも、なんらかの意味でゲリラに人質にとられている存在なのではないか。これはロシア人の話というわけではなく、日本人が日本語でやっている芝居なのだから。(ロンドンのテロ事件の直後ということもあり意識がそう感じさせたのか。)

そういえばアメリカ人という設定で本当に英語ネイティブらしき西洋人の方が出演されていたが、英語のせりふはまあ聞きやすい(でも私の英語力では意味がとりにくい)が、日本語のせりふは若干聞きにくかった。燐光群はでも大きな公演ではかならずこういう外国人の役者さんを出演させるのだから、そこには日本語としての聞きやすさを犠牲にしてもこだわりたい、なんらかのこだわりがあるのだろう。

チェーホフの世界が人質事件というメタレベルで対象化され、さらにはときおり、さらにメタレベルでの(たとえば実際の事件のものとも思われるデータの引用やチェーホフ研究の常識などを語る)言葉も現れる。そのあたりのレベルの往還が自由自在であるがゆえに、あいまいでもある。

この規模の劇場になると、出演しなれている客演の立石涼子さんや神野三鈴さんの存在が映える。燐光群の上演としては珍しくかなり観客の年齢層が高かった。チェーホフに興味のある方々だろうか。それにしてもあらためて最近のロシア・チェチェン関係を少しネットで見てみたが、ロシアはひどい強権である。こういう事件の人質の犠牲者もなんとも思っていないくらい人数が多い。こんな国の大統領にテロと徹底的に戦うなどと言われてはかえって背筋が寒くなるというものだ。

帰りに下の階の文庫売り場にチェーホフを探しに行ったのはいうまでもない。

燐光群

|

« 学生向け演劇紹介ブログ | トップページ | 『LAST SHOW ラストショウ』(パルコプロデュース) »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

三人姉妹も回りは軍人ですよね、登場人物は。坂手さんのドラマ見ながら、上演されなかった三人姉妹が、能の後シテのように舞台に立ち上がってくる、三人姉妹の喜劇性とともに、ちゅうか、こういう状態で、やっと、三人姉妹の笑いところがわかるって、のが感想でした。

投稿: kumaちゃん | 2005/07/14 23:33

こんばんは。

コメント&TBありがとうございます。
ジャニーズから宝塚・ミュージカル・ストレートプレイ‥最近は歌舞伎まで爪先突っ込みそうになっている、雑居ブログ「コ・コ・ロ・コロコロ・・・」のそよと申します。

『上演されなかった「三人姉妹」』は、予習をさせていただいてよかった。チェーホフの方の復習も、(できるだけ)しておこうと思っております。

『キレイ』の観劇予定もあるのですが、こちらは、予習しない方がよさそうなので(?)「続きを読む」は開かないでおこうと思います。

投稿: そよ | 2005/07/15 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15869/4900078

この記事へのトラックバック一覧です: 『上演されなかった「三人姉妹」』(燐光群):

» 「上演されなかった『三人姉妹』」 [コ・コ・ロ・コロコロ・・・]
7月13日マチネ観劇。Somethig So Rightさんで予習をさせていただいてから出かけたので何とか。でも、「三人姉妹」を一読してから行ったほうが良いとのご助言をパスしてしまったので失敗。私の場合、舞台の記憶も朧...... [続きを読む]

受信: 2005/07/14 18:13

« 学生向け演劇紹介ブログ | トップページ | 『LAST SHOW ラストショウ』(パルコプロデュース) »