« 『新編・吾輩は猫である』(シスカンパニー公演・シアタートラム) | トップページ | 次回「野田地図」公演は『贋作・罪と罰』再演 »

2005/07/22

『尺には尺を』(子どものためのシェイクスピアカンパニー)【メルマガ掲載記事】

「読んで得する翻訳情報マガジン」No.85に掲載された『尺には尺を』(子どものためのシェイクスピアカンパニー)の記事をこちらにも掲載させていただきます。

■ 翻訳劇のフシギ・翻訳劇の魅力10

「子どものためのシェイクスピアカンパニー」なのだそうだ。毎年夏に上演してもう11作目(再演含む)。評判なので覗いてみた。平日 ソワレとはいえ、客席にお子様はほとんどいない。まあ後ろの列の行儀と頭の悪そうな男子学生らしき方々が、まあ「お子様」ともいえたが、その方々が「子どものためじゃないじゃん」と幕間に話していたがむべなるかな。

『尺には尺を』Measure for Measure はシェイクスピアの「問題劇」の一つだそうだ。「問題劇」とは、パンフによれば「見終わって、すっきりしない」物語のことらしい。ウィーンの公爵ヴィンセンシオは、目論みあって忠実な部下アンジェロに市政を任せ、旅に出る。とみせかけ実は修道士に身をやつし、アンジェロがどんな政治を行うか見守っているのだ。脚色家はこれを「アンジェロ観察旅絵日記」と名付け笑いをとる。

ストーリーの骨格を保ちながら、脇筋をそぎ落とし、現代的な言葉と解釈で面白く脚色したところが「子どものため」ということらしいが、決して「子どもだからあたりさわりなく、可愛らしく」と媚びてはいない。市政を任されたアンジェロは形骸化していた男女関係に関する古い法律を持ち出し、結婚前に女を孕ませた男クローディオに死刑を言い渡す。ところが兄のクローディオを救おうと命乞いに来た妹の修道尼イザベラに恋をしてしまい、兄の命を救う代わりに一夜を共にせよとせまる。

うーん、現代にもありそうなセクハラ話。さすが「子どものため」。意外とこういう方がきょうびの小学生は集中するかも。イザベラの危機に、突如現れた謎の修道士(実は公爵)は、解決策を講じるのだが・ ・早い展開、あっという間に結末。しかしこりゃほんとに納得がいかない終わり方だ。今回の脚色は、非常に面白い結末の解釈を付け加え、原作ではすっきりしない物語を皮肉たっぷりの現代的風刺にしてみせた。

黒づくめの登場人物たちがクラッピング(拍手)しながら登場・退場 する演出や、抽象的でシンプルな舞台装置や音響。多くが二役を演じる俳優の技量。とてもスタイリッシュな舞台で、むしろ大人に薦めたい「子 どものためのシェイクスピア」だ。

【上演情報】『子供のためのシェイクスピアカンパニー 尺には尺を』
東京公演 7月13日~19日(地方公演あり)
作 W・シェイクスピア  翻訳 小田島雄志
脚色・演出 山崎清介

|

« 『新編・吾輩は猫である』(シスカンパニー公演・シアタートラム) | トップページ | 次回「野田地図」公演は『贋作・罪と罰』再演 »

「演劇」カテゴリの記事

「翻訳劇のフシギ・翻訳劇の魅力(メルマガ記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15869/5092103

この記事へのトラックバック一覧です: 『尺には尺を』(子どものためのシェイクスピアカンパニー)【メルマガ掲載記事】:

» 歌物語 うつしみ七十一 [いろは 伊呂波 IROHA]
   マクベス 妻既に狂ひ亡せぬる城めぐり  森蠢かし敵影迫れば 簒奪の咎おほひ得ぬ空色を揉む聲不気味に居坐らん音 跳ね遊ぶ魑魅の餌と居む我をさへ  矢丈なほ行け老ゆち綾綯へよ つますてにくるひうせぬるしろめくりもりうこめかしてきえいせまれはさんたつのとかおほひえぬそらいろをもむこゑふきみにゐすわらんねはねあそふちみのゑとゐむわれをさへやたけなほゆけもむちあやなへよ  シェイクスピアからはとりあへずマクベスを物語化してみました。彼の断末魔です。歌作品そのものの出来はともかく、これいはば日... [続きを読む]

受信: 2005/07/23 13:58

» 「尺には尺を」(子どものためのシェイクスピアカンパニー)小倉公演 [パペット劇場ふらり旅 〜広島〜]
シェイクスピア独特の濃厚な台詞に、軽妙なタメ口の現代語がミックスされた小田島雄志役の翻訳がなんともよく似合う。 黒マントのコロスたちがトラップ(手拍子)のリズムとともに登場するお馴染み幕開き。 マントを剥ぐと中から中世の重厚な衣装をまとったシェイクスピアの登場人物が出現するときの何ともいえぬワクワク感。 前売りのローソンチケットはなんと最前列のかぶり付き。手を伸ばせば触れるほどの距離にヴィンセンシオ公爵が・・! 舞台の進展にドキド�... [続きを読む]

受信: 2005/07/26 23:12

« 『新編・吾輩は猫である』(シスカンパニー公演・シアタートラム) | トップページ | 次回「野田地図」公演は『贋作・罪と罰』再演 »