« 『コーカサスの白墨の輪』(世田谷パブリックシアター) | トップページ | 『Shakespeare's R&J』(パルコ劇場) »

2005/02/11

『赤鬼』3バージョン BS-2で3月に放映

第12回読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞したばかりの野田秀樹作・演出・出演「赤鬼」3バージョン(昨年8月〜10月、シアターコクーンで上演)が、NHK BS-2で3月に放送されることが発表されていました。放映予定は以下の通りです。

シアターコクーン ニュース&トピックス ページより

「赤鬼」タイバージョン
3月20日(日)深夜0:55〜(実際は翌21日)

「赤鬼」日本、ロンドンバージョン
3月27日(日)深夜0:55〜(実際は翌28日)

★2月22日追記:ロンドンバージョンは2004年のコクーンのものではなく、以前放映された2003年ロンドン初演の再放送になるとの情報をいただきました(未確認)。

|

« 『コーカサスの白墨の輪』(世田谷パブリックシアター) | トップページ | 『Shakespeare's R&J』(パルコ劇場) »

「リマインダー」カテゴリの記事

「演劇」カテゴリの記事

「野田秀樹」カテゴリの記事

コメント

> 厚い、重い、深い

"London version"録画を見ました。
台詞回しがShakespeare劇のようなところもあり、ことばが食い込んできます。ヒデキの異形ぶりが際立ちます。本を読んだだけではあの奇矯さと純粋さは伝わらないでしょう。ナレーションをするトンビは無自覚に肝心なことを言うFoolそのもの。ミズカネのいかさまぶりも身体的表現からよく伝わります。あの女は存在感有りです。ヒデキの口ずさむ望郷の旋律が「琵琶湖就航歌」だったところに何とも言えない哀愁を感じました。洋服ダンスの千変万化ぶりは流石。とりわけ船をこぐ仕草に意表を突かれました。他のバージョンも見られたらと思います。

それにしても日本語の「オニ」って何だろう。Demonとはちょっと違う気もしています。

投稿: spoon | 2005/02/12 00:31

コメントありがとうございます。
以前教育テレビで放映されたもの(2003年のロンドン初演)の録画をご覧になられたということですね?
今回のコクーンのロンドン版は基本的な演出は同じですが出演者が何人か変っていますし、両方見た方によれば印象が大きく違ったそうです。

投稿: BP | 2005/02/12 11:26

こんにちは。spoonさんがお書きになっている2003年ロンドン公演と、3月にBSで放映予定の2004年日本公演の両方を生で観劇した者です。確かに舞台の印象がまったく違いました。理由はいろいろありそうですが、まずロンドン公演においては、初めて英国演劇界に飛び込んだ劇作家=そのまま「よそ者ヒデキ鬼」の境遇であったこと。観客のほとんどが英国在住者のなかで、観客の反応を敏感にうかがって演技するタイプの野田秀樹の赤鬼役は、心細さや迷いが透けてみえる珍妙真摯かつか弱き異形の者でした(あの衣装が戦い前の神経質なボクサーのように見えました)(私が観たのが公演初日だったせいもあるかもしれません)。日本公演の赤鬼はもっとずっと愉快に滑稽で動きにも生彩があり、とりわけ毅然とした「あの女」と心の交流が築かれてゆく様子にははるかに熱く強いものが現れていて、そうなってくるとあのパーカー姿もちょいストリート系(?)でお茶目に見えてくるから不思議です。次に、集団場面の統一感は再演のせいでしょうか日本公演が格段に勝っており、役者たちが明確なある方向を見定めていること、それを理解し演技している様子が明らかでした。「あの女」の印象はどちらもあまり変わりなく見えましたが、とんびの語り部としての存在感はロンドン公演が勝り(観客との言葉の壁のせい?)、ミズカネの苦悩する人間像は日本公演のほうが勝っていました。いずれにしても全ての出演者達が与えられた役を型どおりこなすだけでなく、公演毎に大きく変化する柔軟性、懐の深さを目の当たりにしたのは私にとって初めての体験で深い感嘆を覚えました。そんなこんなで両公演の印象はかなり異なるものでしたので、それが映像に表れているかどうか、3月の放映を楽しみにしています。野田秀樹自身は充分な稽古期間の取れなかったロンドン公演より日本公演のほうが仕上がりが良かったと自己評価しているようですが、私は荒削りだったロンドン公演のゴツゴツ感(録画ではさほどゴツゴツとも感じられませんがライブの空気はこれまでの野田秀樹の舞台ではありえないほどひどく雑然としていました)が作品のテーマに似合って感じられ、個人的にはロンドン公演に愛着があります。(初書き込みが長くてスミマセン!)

投稿: さわら | 2005/02/14 09:59

わぉ。コメントしていただけるとは、ありがとうございます。

詳しい比較、非常に興味深いです。やはりその場にいた感覚というのは力がありますね。ゴツゴツ感のあった初演、見てみたかったです。

確かにコクーンでの「ヒデキ」鬼はのびのびしていましたね。オニ語も初演とは違う響きが入っていてびっくりした記憶があります。

投稿: BP | 2005/02/14 16:55

3月の放映、ロンドンバージョンのみ2003年のロンドン初演の再放送だとの情報をいただきました。公式には出ていないので未確認情報ですが、ちょっと残念ですね。上でご報告いただいたロンドンと東京の公園の雰囲気の違いは比較できないということになります。

投稿: BP | 2005/02/22 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15869/2879308

この記事へのトラックバック一覧です: 『赤鬼』3バージョン BS-2で3月に放映:

« 『コーカサスの白墨の輪』(世田谷パブリックシアター) | トップページ | 『Shakespeare's R&J』(パルコ劇場) »