« パルコプロディース公演・なにわバタフライ | トップページ | 民藝・火山灰地 第一部 »

2005/01/24

STRAYDOG・悲しき天使

仕事も忙しいのに怒濤の観劇週間に突入してしまった。まずは日曜の夜、つてがあって、普段あまり観に行かないタイプの芝居を観てきた。STRAYDOG+笹塚ファクトリーの「悲しき天使」。もちろん初見。

(観劇日 1月23日 19:00開演)
上演時間 約2時間 休憩なし

大阪新地の遊廓(何年ごろの話かいまいち時代が特定できなかったがまあ現代といってよい時代)を舞台にした小説を舞台化。映画で賞をとった方の演出ということで、例によって映画作家の趣味演劇かと思ったが、そんなことはなく、構成がとてもよく作られていて、シリアスな場面とレビュー・ネタ的な部分の重ね合わせがよく、演劇としての面白さが詰まっていたと思う。

が、演じる方の技量不足もあるし、演出にもよくないところがあると思うが、千秋楽にして笑いがなかなかとれていないし、特に歌・踊りの部分でちょっとおそまつなところもあったのは残念(最初と最後の踊りはなかなかよかったけどね)。最初の20分は、失敗した・・・という後悔の念に襲われたが次第に調子もあがり話に引き込まれた。娼婦たちのそれぞれの泣かせどころは上手く、たまにはこういうのも観て良かったなと思わせてくれた。可愛らしい女優さんが多い(結局それかよ)。

それにしても客席がぬるい。あれだけのことを舞台でやっていたらもう少しアツくなってもいいと思う。ノルマか何かで買わされてきている人も多いのか知らないが、せっかく来たんだからもう少しノリをよくしようよ、とおじさんは思う。

終わって外に出ようとすると階段に役者さんたちがずらっと並んでお礼を言われる。なんだか照れくさい。こういう若い時代もあったよな。女優さんと目を合わせず、小雪の降る中に出た。

-------------------------------------
STRAYDOG+笹塚ファクトリー・悲しき天使
1月7日(金)〜1月23日(日)
観劇日 Cチーム 1月23日(日)19:00開演
上演時間 約2時間(休憩なし)

作 山之内幸夫
演出 森岡利行

|

« パルコプロディース公演・なにわバタフライ | トップページ | 民藝・火山灰地 第一部 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15869/2686808

この記事へのトラックバック一覧です: STRAYDOG・悲しき天使:

« パルコプロディース公演・なにわバタフライ | トップページ | 民藝・火山灰地 第一部 »