« 新国立劇場バックステージツアー | トップページ | NYLON100℃『消失』 »

2004/12/22

野田地図第10回公演 ・走れメルス(再び)

マチネにて二度目の観劇。一度目に比べて劇構造もより明確にわかり、役者さんも心なしかこなれた感じを受ける。深津、勘太郎の場面が格段によい。切なさもよく伝わった。ネットでは不評も聞かれ、箱の大きさにあわない劇だというのがその理由として多い。自分が面白く観られたのは、よい席だからか?コクーンシートや立ち見だと伝わらないものだろうか?そちらが気になってきた。自分の感性を試される芝居だ。

一度目の感想記事はこちら

観劇日12月22日(水)14:00開演 B列中央ブロック

|

« 新国立劇場バックステージツアー | トップページ | NYLON100℃『消失』 »

「演劇」カテゴリの記事

「野田秀樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15869/2341603

この記事へのトラックバック一覧です: 野田地図第10回公演 ・走れメルス(再び):

« 新国立劇場バックステージツアー | トップページ | NYLON100℃『消失』 »